パーキンソン病

パーキンソン病とは

パーキンソン病

パーキンソン病とは自らの意思に反して体が勝手に動く、あるいは震える、さらに歩行障害や顔の表情がこわばって無表情になる等という症状を発症する脳の病気です。

パーキンソン病は、脳の黒質(中脳の一部を占めるとされる神経核)による変性が原因で、これによって黒質でつくられる神経伝達物質の一種、ドーパミンの量が低下してしまい、黒質からの情報伝達経路がうまく働かなくなる病気です。

これによって、じっとしていても手足が震える、動作が遅い・動けない、筋肉がこわばる、前傾姿勢になりやすく転びやすいといった症状が現れるようになります。

その他の特徴としては、40~80代で発症し、中でも60代で発症される方が多いということです。
また遺伝するパーキンソン病というのも少数ですがあると言われています。

パーキンソン病の発症率

発症率につきましては、日本人では1,000人に1人ほどの割合で起きるとされ、決して珍しい病気とも言えません。
ただ難病であることには変わりなく、この病気を治癒させることは困難といえます。
そのため同疾患による治療というのは、症状を改善させるためのものになります。

パーキンソン病の治療について

パーキンソン病の治療の目的は、上述の通り症状の改善です。
そこでよく使用されるのが薬物療法で、レボドパ製剤やドパミンアゴニスト、抗コリン薬、アマンタジン、MAO-B阻害薬などです。 複数の薬を併用することもあります。

また、薬物治療だけでは症状のコントロールが難しいという場合は手術療法が行われます。
この場合は、電極を脳に植え込み、電気の刺激によってパーキンソン病の症状を抑えていくという脳深部脳刺激療法(DBS)などが行われます。

この他にも、症状の進行によって思うような動きができない場合は、上記の治療と併行してリハビリも行います。

具体的には、体力や筋力を維持していくための運動、筋肉と関節の柔軟性を維持するための運動、姿勢や歩行の改善といった内容になります。

医院概要

診療科目
内科 脳神経内科 脳神経外科
院長
千葉 義幸
住所
兵庫県豊岡市九日市下町5-1
TEL
0796-22-7000オンライン予約
最寄駅
豊岡駅
休診日…月の午前、水・金の午後、土・日・祝日
…予約診療
診療時間 日祝
9:00~12:00
14:00~16:00
17:00~19:00
連携医療機関
  • 公立豊岡病院
  • 公立八鹿病院
  • 田中クリニック
  • 江本内科クリニック
  • きょうこ内科クリニック
  • やすだ内科クリニック
  • 浮田整形外科医院
  • 川端整形外科
  • 小西整形外科医院
  • ゆう眼科クリニック
Page Top